実はあまり知られていない虫歯の実態とその治療法 実はあまり知られていない虫歯の実態とその治療法

「歯が痛い」「しみる」といった症状がある場合、それは虫歯にかかっている可能性があります。一旦虫歯になってしまった場合、自然に治ることはなく、放っておくとどんどん進行し、最終的には抜かなくてはなりません。

虫歯の原因 虫歯の原因

歯

虫歯の原因は、プラークに棲む虫歯菌。食べ物の残りかすに含まれる糖分を栄養源とし虫歯菌が酸を作り出し、その酸によってどんどん歯が溶かされていきます。

お口にプラークが残っている時間が長ければ長いほど虫歯になりやすくなります。そのため、食事や間食は時間を決めて規則正しく摂る、食後はできるだけ早めに歯みがき(プラークコントロール)することが大切です。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の進行段階と治療法

※クリックすると各症状の詳細が表示されます。

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
根管治療

根管治療

虫歯が神経まで到達した場合、そのままにしておくと歯は抜かなくてはなりません。しかし、根管(神経や血管が入っている細い管)の中の神経を取り除く根管治療を行うことで、その歯を残せるようになります。

根管治療では、根管から神経などを取り除き、洗浄・消毒した後薬剤を詰め、最後に土台を立てて被せ物を被せます。根管は肉眼では見えづらく、また薬剤を隙間なく詰めないと再発のおそれがあるため、根管治療はとても繊細な治療です。当院では、歯科用CTやマイクロスコープなど最新の機器を駆使し、確実に根管治療を進めていきますのでご安心ください。

ダメージの少ないレーザー治療 ダメージの少ないレーザー治療

レーザーには殺菌効果があり、歯に照射することによって虫歯菌を滅菌し、虫歯の進行を止めることが可能です。また、治療の痛みを軽減できるほか、削る部分を最小限に抑えることもできます。さらに、従来なら神経を取り除いていたような場合でも、神経を保存できるようになったため、歯の寿命を縮める心配もありません。

歯がしみる、痛い!ときは知覚過敏かも?

水を飲む女性

「歯がしみて痛い」という症状には、虫歯のほかに知覚過敏が原因になっている場合があります。「知覚過敏」よく耳にする言葉ですが、実際どんな症状なのかご存じですか?

何らかの原因でエナメル質が削れ、神経に近い象牙質が露出したり、何らかの影響によって歯ぐきが下がるなどしてエナメル質がない歯根が露出したりすることで、刺激が伝わり痛んだりしみたりします。

当院では痛みのある部分にレーザーを照射することで治療を行っているため、歯を削ることもなく、痛みも少ないので安心です。知覚過敏かな?と思われる方は、一度当院にご相談ください。

虫歯は一旦治療が完了しても、再発しやすい病気です。治療後のよい状態を保ち再発を予防するために、積極的にメンテナンスを受けましょう。メンテナンスについてくわしくは、予防歯科をご覧ください。

予防歯科について

ページの先頭へ戻る

ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所 医院情報 ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所 医院情報

  • 住所

    〒364-0013 埼玉県北本市中丸8-117-1カインズホーム北本店内

  • 診療時間

    9:30~20:00(年中無休/年末年始・お盆を除く)

  • TEL

    048-501-8211

36.020853,139.55641

〒364-0013
埼玉県北本市中丸8-117-1
カインズホーム北本店内

36.020853,139.55641